shibazono-clinic.com

面接はある程度対策を行う必要がある

面接でサークルで頑張ったことを聞かれた場合の具体例

面接はある程度対策を行う必要がある 面接でのやりとりの具体例とその評価。面接担当者「サークルで頑張ったことは」応募者「私はお笑いサークルでリーダーを務めています。その経験から私は向上心があると思います。このように言うとありがちですが、私は周囲の人々も向上させることで、チームとしてのレベルアップを目指し、それによって結果を得て大きな満足を得ます。私が影響力を発揮するなかで強みだと考えているのは自身の足りない部分を補い、向上させるために何をするかしっかり意識し、それによって組織力を高めることを考えられる事です。

サークルでも最初は人前でやることに照れていたメンバー達を積極的に駅や公園にゲリラライブに連れて行くことで意識改革させ、強い熱意と積極性で活動に取り組ませる事に成功いたしました。その結果、学園祭のライブでは教室に入りきらない程のお客様に見ていただけました。このように私は自分を成長させるだけでなく、周りとの相乗効果で組織としての戦闘能力を高めるという事を考えられる人間です」。

評価としてはから、自分に足りないものを自覚し、それを補おうとしており、自分を客観視する力と自己向上意欲が備わっているのがわかります。また、からチームマネジメント術を備えていそうな印象を受け、からは、自分の能力向上だけでなく、組織力を高めることがどれだけ生産性向上に結びつくかを自覚しているのがわかり、高く評価できます。

おすすめ情報