shibazono-clinic.com

面接はある程度対策を行う必要がある

企業は面接で入社意欲のレベルを確かめようとしています

面接はある程度対策を行う必要がある 転職面接では他社にも応募していることは正直に伝えても構いません。転職活動において複数社を検討するのは当然のことと、企業側も理解しています。希望の業種、職種にもよりますが、「御社しか受けていない」と答えると、「何社か比較して判断しようと考えないだろうか。視野が狭いのか、転職を安易に考えているのではないだろうか」と逆に不信感を抱かれることもあります。志望順位については、その会社が第一希望であればその通り答えれば良いのですが、そうでない場合は明確に順位を答える必要はありません。

転職活動を進めるうちに志望順位が変わるのは当然あり得ることなのですから。この場合は「これから面接を受ける企業もあり、検討中」とした上で、「御社には強い興味がある」ということを理由とともに伝えるとよいでしょう。この質問は、「その会社を志望する理由」を熱く語る「アピールチャンス」とも言えます。例えば、「私が希望する~仕事に携われる企業を中心に何社か応募しています。まだ検討している段階ですので、明確な志望順位は定まっていません。ただ、御社は~でいらっしゃるので、非常に魅力を感じています」といった感じで併願状況は素直に伝えましょう。

おすすめ情報