shibazono-clinic.com

面接はある程度対策を行う必要がある

就職活動における面接の種類と大切さ

面接はある程度対策を行う必要がある 就職活動を行う上で、避けて通れないのが面接です。面接の前に履歴書や職務経歴書などの書類審査があり、それをパスすると面接を受けることになるでしょう。大手の企業になればなるほど、面接の回数や種類も多くなります。その種類というのも、集団面接や個人面接、グループディスカッションなどがあります。まずは集団面接で、ある程度目星のついた人材を振るいにかけます。この面接は他の受験者と比較しやすいです。そしてグループディスカッションでは、他人とのコミュニケーションや関わり方などを見ます。自分の意見を言うことはもちろん大切ですが、きちんと他人の意見にも耳を傾けているかなども見られています。

そして個人面接では、その受験者の事を深く掘り下げていきます。中には集団面接を飛ばして、個人面接を行う企業もあります。履歴書などに基づいて、性格や志望動機、趣味から自分の強みや弱点など、質問に答えていきます。中にはあえて圧迫面接をして、受験者の様子を見ていく企業もあります。履歴書などの書類がどんなに素晴らしくても、面接ではボロが出てしまうことがあります。自分を取り繕っても、深く掘り下げられると、偽っている部分が出てしまうかもしれません。

おすすめ情報